ニュース

カリキュラム

プロジェクトに始まり、プロジェクトに終わる

ロゴ ロゴ ロゴ

リーダーシップ開発コースの最大の特徴は、2年間の大学院教育が「プロジェクトに始まり、プロジェクトに終わること」です。
入学した大学院生は入学後、すぐに同級生と異種混交のチームを組み、チームでプロジェクト型の課題解決を行うことが求められます。このような課題解決のなかでは、チーム内で、様々なコンフリクトがおき、リーダーシップ課題が浮かび上がります。こうしたリーダーシップ課題に関して、のちほど、しっかりとしたリフレクションやフィードバックをしあうことで、自らのリーダーシップを磨きます。
リーダーシップ開発コースの2年間のあいだには、多くの必修授業で確実に基礎的知識・スキルを学んでいきます。
2年間の集大成になるのは、全学生が個別に取り組むリーダーシップ・ファイナル・プロジェクト(LFP)です。リーダーシップ開発・組織開発・人材開発にまつわるプロジェクトを自ら企画し、自ら成し遂げ、その成果をまとめあげることを通して、実践的な課題解決力を学びます。

リーダーシップ開発コース 2年間の必修授業で確実に基礎的知識・スキル ※ニーズに応じて、修士論文執筆を選択することも可能
プロジェクト ロゴ

社会人でも、無理なく受講できる、
金曜夜、土曜日中心の時間割

授業科目は、原則として、金曜日の夜(18時30分ー21時55分)、および土曜日に終日開講されます。
平日でのスクーリングを限界まで切り詰め、週末に寄せていることで、働きながら学びやすい環境を用意しました。夏には集中講義などがあります。
また、授業のオンデマンド化も順次増やしていく予定です。
このように、社会人であっても、無理なく受講し修士(経営学)とリーダーシップ開発コース修了証がダブル取得できるプログラムになっています。

科目について

人づくり組織づくりを学ぶ多様な科目

まず大学院生は「リーダーシップ・ウェルカム・プロジェクト」で、異種混交のチームにわけられ、そのあとは、「経営学概論」「経営戦略論」「戦略的人的資源管理」などの「経営学基礎科目」を受講します。そのうえに「組織行動論」「リーダーシップ教育論」「人材開発・組織開発論」などの「ひとづくり・組織づくりにまつわる必修科目」がつづきます。
これらの科目に加え、リーダーシップ開発コースでは、データやエビデンスにもとづくリーダーシップ開発・人材開発・組織開発のあり方を重視しています。必修授業「データアナリティクス演習」では、1年間かけて、数々の実証データを用い、分析を行い、レポーティングをおこないます。
4年間の最終ゴールにはなるのは「リーダーシップ・ファイナル・プロジェクト」です。このプロジェクトでは、大学院生ひとりひとりが、クライアント組織を探し、そこに対してリーダーシップ開発・人材開発・組織開発を行い、その成果をまとめます。希望者によっては、修士論文を執筆することも可能です。

必修科目

カテゴリ 科目名 単位数と開講学期 配当年次 開講年度
春学期 秋学期 1 2
プロジェクト研究 リーダーシップ・ウエルカム・プロジェクト研究 2 - 2020年度
経営学 経営学概論 2 - 2020年度
経営学 戦略的人的資源管理 2 - 2020年度
経営学 経営戦略論 - 2 2020年度
リーダーシップ 組織行動論 2 - 2020年度
リーダーシップ リーダーシップ教育論 - 2 2020年度
リーダーシップ開発 人材開発・組織開発論Ⅰ 2 - 2020年度
リーダーシップ開発 人材開発・組織開発論Ⅱ - 2 2020年度
データアナリティクス データアナリティクス演習Ⅰ - 2 2020年度
データアナリティクス データアナリティクス演習Ⅱ - 2 2021年度
リーダーシップ実務 インターンシップⅠ - 2 - 2021年度
プロジェクト研究 リーダーシップ・ファイナル・プロジェクト研究 4 4 - 2021年度

選択科目

カテゴリ 科目名 単位数と開講学期 配当年次 開講年度
春学期 秋学期 1 2
リーダーシップ実務 ケースで学ぶリーダーシップ 2 - 2020年度
リーダーシップ実務 医療とリーダーシップ 2 - - 2021年度
リーダーシップ実務 インターンシップⅡ 2 2 - 2021年度
リーダーシップ実務 戦略的人事実務論 - 2 2020年度
リーダーシップ シェアド・リーダーシップ論 2 - - 2021年度
リーダーシップ キャリアとリーダーシップ論 - 2 - 2021年度
リーダーシップ開発 リーダーシップワークショップ演習 - 2 2020年度
データアナリティクス 質的研究法 2 - - 2021年度
データアナリティクス 研究方法論Ⅰ 2 - - 2021年度
データアナリティクス 研究方法論Ⅱ - 2 - 2021年度